大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg

b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg
b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg
b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg
b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg
b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その34 番外編

各位
昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。
  古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流されていた頼朝は見張り役の北条と組みこれに関東武士が加勢した。そのころの関東武士は戦う以外は門番くらいの役しか与えられなかったのである。それが武士である平家が政権を奪い、今度は源氏がその平家を倒すために立ち上がるということで奮い立ったのである。清盛はそれを見てすぐに首都を京都に戻した。当然源氏は天皇奪還を図るために京都に来ると踏んだのである。これは正解であったが、彼らが京都に来る前に清盛は死亡。主のいなくなった平家は右往左往、そこに頼朝の弟、政治のことは何にもわからいが、戦のことは天才。ついに壇ノ浦で平家をせん滅。ここに鎌倉幕府が成立するのである。しかし、政治のことはまるで分らない義経は天皇一派に取り込まれてしまう。平家一族の没落を目にしていた頼朝はカンカンに怒り、兵を向けようとした、当然義経は受けて立つつもりであったが、頼朝の強さにほとんど兵は集まらなかった。仕方なしに鎌倉に向かったのである。しかし、義経は鎌倉前の腰越を超えられず、弁慶などの一部の側近を連れ東北の平泉に行くのである。ここで藤原一族に迎えられたが、頼朝はここに兵を派遣し、義経を殺すのである。
  この経過はどうでもよいのだが、清盛が初めて天皇から政権を奪ったのだが、一般には源氏、が成し遂げたといわれている。これはなぜかが今回の主題なのである。頼朝子孫は頼家、実朝の3代だけである。この2人は妻の北条政子が生んだのだが、直径の男子がいなかったのである。もちろん源氏は大きな集団なので探せばいくらでも源氏の血を引く人はいたのである。それなのに政子は実家の兄弟を跡継ぎにしたのである。当然、周りからは反対が多かったが、これを押し切り、北条が政権を引き継ぐのである。これは、ある意味では正解で元寇の2度にわたる戦いも北条家が阻止したのだから。しかし、北条などは伊豆の田舎豪族、源氏には名では勝てなかったということだろう。いずれにしたも源氏、北条の政権は武士政権では長いほうだったのである。家康が長期間政権を維持するためには、もちろん参考にしただろう。

                             *
b0115883_23140542.jpg
b0115883_23141977.jpg
画像は家にあるツバキの木である。蕎麦屋で逗子の観光案内を見ていたらなんと逗子の市の木はツバキなのである。だから逗子のいたるところにこの木がありツバキに寄生する毛虫の毛でアレルギーになったということである。幸い、現在はすべて治癒している。皆様も毛虫の毛には注意してください。
     阿部 弘







































































































































































































# by hiabe | 2019-01-01 21:29 | 日本 | Comments(0)

大坂漫遊 その33

各位
 家康は徳川政権を子々孫々まで継続するため各藩の蓄財をさせないためにいろいろ策を練った。
 まずやったことは、妻子を江戸に常駐させ藩主は1年ごとに上京、江戸に1年間とどまる参勤交代制度である。これは藩の数が多すぎてきちんとした制度化するのには家光の代まで必要で、後でめでたく成功したのであった。
 次にやったことは鎖国である。しかしこれはすぐに実行したわけではない。
 アジアはすでに欧米諸国によりタイと日本を除く各国が属国、または植民地になっていたのである。家康はこの状態を逃さないで朱印船貿易を始めたのである。もちろん外国に行くには幕府の許可が必要だったのである。このため多くの船が東南アジアに出かけ、日本人町を作った、しかしこれは家康の意図に反し、薩摩、長州、土佐、肥後などの反家康派の交易量が増えただけで、しかも、欧米諸国は属国、植民地を安定経営させるためキリスト教の布教に力を入れ、多くの国にキリスト教が広がったのである。
 これにより、日本人町に住んだ人、朱印船の人たちもこの宗教の信者になる人が多くなった。日本各地でもポルトガルから派遣された伝道師がキリスト教の布教に力を入れ、信者が多くなった。
 これに対し、神教、仏教徒により反対の声が上がり始め、いざこざも起こり始めた。
 その最たるものが島原の乱である。これは島原藩による悪政で農民たちが怒り、農民一揆だったのだが、多くの農民がクリスチャンであったため、彼らは死ぬことも恐れず、武士と戦い、ついには城をも征服する始末であった。周りの藩も応援にむかっがその後始末が大変だったのである。
 このため幕府は急遽信者の数を調査したところ、30万人にも上り、中には大名までいたのである。宗教など大したことないと思ったが、その、思想にびっくり。神のまえでは人間は平等であるとのこと。武士が政権を取るようになり、日本の身分制度、士、農、工、商の制度が完全に無視されたのである。
 このため幕府はすぐに手を打つ。
1.家康:キリスト教の宣教師、キリスト教を捨てないものは外国に追放。
2.秀忠:外国人は日本国内で勝手に商売したり住むことを禁止。貿易は長崎と平戸に制限。
3.家光:日本人が朱印船以外で外国に行くことを禁ずる。外国に5年以上住んだものは日本への帰国を禁止。
 ・・・その後、外国との交易は中国、朝鮮、オランダ以外は禁止、交易場所も、長崎、平戸のみ。中国、朝鮮はわかるが、なぜオランダが許されているのか不思議に思うでしょう。これはキリスト教の派閥の違いなのである。アジアで交易している欧米国は多くはカソリック、これはキリスト教の元祖なのである。布教に対し、神父は神と直接対話、それを土地の人たちに聞かせるのである。しかし、神父も人間、彼個人の意見や、出身派閥の方針通りに話をするのだ。
 これに対するプロテスタントは神は聖書の中のみおられる、だから聖書に基づき説教するということなのである。このため両派の派閥争いは熾烈であったのである。プロテスタント派のオランダ、ポルトガルから伝道師は説教を通して日本人をマルメコモウとしていたのである。これはある意味では正解であったのである。
 今回も長くなるのでこの辺で。次回をお待ちください。

                    *

b0115883_02203981.jpg

b0115883_02211310.jpg

画像はツバキである。これにたかる毛虫の毛のアレルギーで満身創痍にはれ上がっている。我が家にも3本あるのだが、10メートル先にご覧の通りこの家の垣根全体がツバキである。ここを通らないと外に出られないのだが、なぜ今頃毛虫の毛のアレルギーが出るのかわからない。
    阿部 弘












































































































































































# by hiabe | 2018-11-27 11:52 | 日本 | Comments(0)

緊急告知:番外編:茶毒ガ

各位
先に、私が毛虫の毛でアレルギーを起こしたと書いたが、これは大変なことなのである。この毛虫はツバキなどの寄生する毛虫で脱皮するときに毛をまき散らし、これが下着などに付着すると人間にものすごいアレルギー症状を起こすのである。わたくしの場合も皮膚炎、蕁麻疹などはよく起こすのであるが、これらの症状は普通の薬で治療できる。しかし、このアレルギーは強烈で通常の薬では全く効果がない。わたくしも普通の皮膚炎と思い通常の治療を行ったが全く効果なく、広がる一方であった。仕方ないので皮膚科に行ったところ毛虫の毛のアレルギーといわれ、何のことだかわからなかったのである。それで皆様にメールを送ったところ、大学時代のダチからツバキに寄生する茶毒蛾の毛虫の毛によるアレルギーと教えてもらった。なんだこれと思い我が家の木を見てみたら、入り口の門の前に2本、裏に1本、それだけではなく近所中ツバキだらけである。さすがの私もこれには参った。このため、今はおとなしく医者が処方した薬を体全体に塗っているところである。何しろこの医者はわたくしの症状を見ただけで、毛虫のアレルギーと診断したのである。75を過ぎると治療代は1割、皆様何かありましたら早めに医者の所に行きましょう。
   阿部 弘



























































# by hiabe | 2018-11-21 19:33 | 日本 | Comments(0)

緊急告知:番外編:毛虫アレルギー2

各位
さて、さきにわたくしの毛虫による皮膚アレルギーについて書いた。これは誰も知らなかったが、女性からツバキ、山茶花による皮膚アレルギーはあるといわれた。そしたら、大学のダチで退職後植木屋になったやつからメールが来た。この男獣医から何も植木屋になる必要はないと思ったが、彼の植物に関する知識はわたくしが一目、二目も置くような男なのだ。彼が言うにはツバキ、山茶花に寄生した毛虫がその樹液を吸い、これを体内にため、毛を空気中に散布、これが洗濯物に付着して人間に害を与えるのだそうだ。寒くなると毛虫はいなくなるが、下着などに付着した毛はなかなか取れないとのこと。これで何とか私のアレルギーの発生は納得、毛虫はいないので洗濯物を外で干してでもよいが、いましばらくは部屋干し、下着類は掃除機で洗浄する次第である。医者が言うにはきれいになるまで1か月はかかるとのこと。それにしてもこのダチには前に書いた大賀蓮も送ってくれ、感謝している。
  皆様も年を取るといろいろな災難が降りかかり往生する。ダチは大事にしよう。
   阿部 弘





















































































































# by hiabe | 2018-11-20 19:44 | 日本 | Comments(0)

緊急告知:番外編:毛虫アレルギー

各位
私は今年の暑さにより、熱中症にり患した。この症状は更年期障害、老化現象とほとんど同じである。熱中症は発汗症状を伴い汗がだらだらで、往生したのだが、わかってしまえば塩分を補強すればよいのだが、これにより皮膚に炎症を伴うのである。
これに対し皮膚の予防、治療をすれば良いのである。今回も足、腰、はら、背中に蕁麻疹状の症状が出た。すぐに薬を塗布したのだが一向に回復しないどころか、どんどん悪くなる一方なのである。さすがに皮膚科に行かなければと本日行ってきたのだが、医者の宣告を聞きビックリ。なんと、毛虫の毛によるアレルギーとのこと。これではいくら薬を使っても回復するわけがない。我が家、および周りには皆庭があり、沢山の木が植わっているのである。我が家の庭にもそこそこ木が植わっており、あちこちに毛虫を見るのだがこれが俺の皮膚病の原因なんて思いもしなかった。とりあえず、1週間薬を塗り様子を見ることにした。医者からは洗濯物は外に干さないで家の中にしろとのこと。この費用が診療代、薬代を含め千円、安いものである。皆様もなんかありましたらすぐに病院に行くことを進める。   阿部 弘 

















































































































# by hiabe | 2018-11-19 16:58 | 日本 | Comments(0)